コンテンツにスキップする

米国は景気後退に向かう恐れ、当局に対応余力ない-クルーグマン氏

クルーグマン氏

クルーグマン氏

Photographer: Scott Eells/Bloomberg
クルーグマン氏
Photographer: Scott Eells/Bloomberg

ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマン氏は、米経済がリセッション(景気後退)に向かっている可能性があり、米金融当局には景気の落ち込みに適切に対処できるだけの余力がないとの見解を示した。

  クルーグマン氏はドバイでブルームバーグのインタビューに応じ、「比較的小さな問題が積み重なっているように見受けられ、適切な政策対応は受けられないという根本的な背景がある」と語った。

  米経済が直面する逆風を考慮し、連邦公開市場委員会(FOMC)は今月、利上げサイクルの休止を示唆した。クルーグマン氏は利上げなら全くデータに基づいていないと指摘し、「利上げ継続は実に悪いアイデアのように思われる」と述べた。

  クルーグマン氏は2008年のような大規模な危機を見込んでいないとしつつ、米政策担当者は大規模な衝撃を抑え込むことができないだろうと予想。08年は公的債務が現在よりも少なく、利下げの「大きな余地」があり、政策当局に際立ったリーダーシップがあったが、そのようなリーダーシップは期待できないとし、「現在の財務省にポールソン氏(当時の財務長官)はいない」と続けた。

ノーベル賞受賞者のクルーグマン氏、米国の金融当局とリセッションリスクについて語る

ソース:ブルームバーグ)

原題:Krugman Sees Possible U.S. Recession With Little Fed Wiggle Room(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE