コンテンツにスキップする

ブラックロック元幹部の新ファンド、ブラックストーンが出資-関係者

米ブラックロックの元欧州クレジット責任者、マイケル・フェルプス氏は新たに運用するマルチ戦略ヘッジファンドで、米ブラックストーン・グループから2億ドル(約220億円)の投資を確保した。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  これにより、フェルプス氏のファンド「トレシダー・インベストメント・マネジメント」は今年、ロンドンで最も規模の大きい新興ファンドの1つとなる公算だ。情報が非公開だとして匿名を条件に述べた同関係者によると、ランズドーン・パートナーズのスチュアート・ローデン元会長もトレシダーを支援しており、非常勤会長として同ファンドに加わる。

  ブラックストーンとトレシダーの広報担当者はコメントを避けた。ローデン氏は4月にトレシダーの非常勤会長に就任することを確認したが、それ以上のコメントは避けた。

  フェルプス氏とトレシダーのエドガー・シニア最高経営責任者(CEO)はいずれも個人の流動資産の大半をトレシダーにつぎ込み、ローデン氏や友人、身内も総額約5000万ドルを出資した。運用開始は6月3日の予定で、最終的には12億5000万ドル前後の資金調達を目指していると、同関係者は述べた。

原題:Ex-BlackRock Credit Chief’s Hedge Fund Gets Blackstone Backing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE