コンテンツにスキップする

「レゴ・ムービー2」が初登場首位-週末の北米映画興行収入

  • 初登場首位となったものの、予想を下回る滑り出し
  • 2、3位も初登場作品が占めた-コムスコア

週末の北米映画興行収入ランキングでは、「レゴ・ムービー2」が初登場首位となったものの、予想を下回る滑り出しだった。

  2014年の作品「レゴ・ムービー」の最新作となる同映画の興行成績は3500万ドル(約38億5000万円)と、ボックス・オフィス・プロの予想5500万ドルに届かなかった。

  同映画のプロデューサーは新キャラクターの投入など今作で一部リスクを取ったことに言及していたが、調査会社コムスコアのシニア・メディアアナリスト、ポール・ダーガラベディアン氏は同作品の評価がまちまちなことについて業界全体の出だしが今年は鈍いことを反映している可能性があると指摘した。

The Lego Movie 2: The Second Part (originally under the title The Lego Movie Sequel and known in some countries as just The Lego Movie 2) is an upcoming 2019 3D computer-animated action sci-fi comedy film.

This photograph is for editorial use only and is

レゴ・ムービー2

ソース:ワーナーブラザーズ/アラミー



  コムスコアによれば、その他の初登場作品では「ホワット・メン・ウォント(原題)」が2位、「コールド・パースート(原題)」が3位、「ザ・プロディジー(原題)」が6位だった。

Top 10 Films
Top 10 Film Grosses
All Films Year To Date

原題:‘Lego’ Sequel’s Weekend Win Falls a Brick Short of Forecast (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE