コンテンツにスキップする

米議会の国境警備巡る交渉行き詰まり、政府再閉鎖の可能性も

  • 移民を収容するベッドを巡り両党の間で問題
  • シェルビー上院歳出委員長「まとまる可能性は半々」-FOX

メキシコ国境の警備予算を巡って再び政府機関閉鎖となる事態を回避するため、共和・民主両党は協議を行ってきたが、9日不調に終わった。両党議員らは現在、交渉を中断している。協議に詳しい関係者が明らかにした。

  協議は再び軌道に乗る可能性も残るが、暫定予算が期限を迎える今月15日までの合意は難しくなっているもようだ。行き詰まっているのは移民を収容するベッドを巡る問題で、国境警備予算に関する幅広い議論の中では通常なら付属記載程度に捉えられる点だ。

  合意に至らなければ9つの省と関連機関が再び閉鎖されることになる。数週間前に35日にわたる閉鎖が解かれたばかり。協議担当者らは現在の暫定予算が切れる前に上下両院で採決を行うため、11日には発表したいと望んでいた。

  リチャード・シェルビー上院歳出委員長はテレビ番組「FOXニュース・サンデー」で「まとまるどうか、可能性は半々」との考えを示し、移民税関捜査局(ICE)向けの予算を巡り「民主党との間で一部問題が生じている」と説明した。

  ジョン・テスター上院議員(民主・モンタナ州)はFOXニュースで、「合意に達するとの見通しに前向きではない」と語った。

原題:Congressional Talks Hit Snag, Raising Chance of New Shutdown (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE