コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル小高い、週間は昨年8月来の大幅高-国境合意に期待

8日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが小幅上昇。7営業日続伸となった。米政府機関の再閉鎖を回避しようと、米議員らが国境警備を巡り交渉を続けており、来週初めまでに合意が成立するとの期待が広がった。

  ニューヨーク時間午後5時2分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%未満の上昇。週間ベースでは0.9%上昇と、昨年8月以来の大幅高。ドルは対円で前日比0.1%安の1ドル=109円73銭。対ユーロでは0.2%高の1ユーロ=1.1323ドル。ユーロは対円で0.2%下げて1ユーロ=124円26銭。

  国境警備を巡る超党派案は11日までにまとまる可能性があると伝わった
 
  これより先には、リスクセンチメントが悪化する場面もあった。トランプ米大統領が中国製通信機器を禁じる大統領令に署名する見通しだとの報道が背景。米中の通商協議は11日に北京で再開される予定だ。

  カナダ・ドルは主要10通貨すべてに対して上昇。同国の1月の民間部門雇用者数が過去最大の増加となった。雇用者の伸びは市場予想の13倍を上回った。1月の雇用者数は6万6800人増(市場予想は5000人増)。一方、失業率の上昇は職探しをする人が増えていることを示唆した。

  加ドルは統計発表直後に急伸した後、上げ幅を縮小。貿易を巡るリスクが意識された可能性がある。

  カナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマース(CIBC)のビパン・ライ氏は、「米中が3月1日までに合意に達するのか疑問だ」と指摘。「合意に達しない場合、加ドルは今後数週間にわたり劣勢に立たされる余地があるが、米ドルが対加ドルでここしばらくのレンジを上抜ける可能性は低い」と述べた。

Biggest weekly gain since August

欧州時間の取引

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数が上昇。世界的な貿易を巡る懸念が背景。テクニカル指標では、ドルに対する見方が強気に転じたことが示された。

原題:Dollar Sees Biggest Weekly Gain Since August: Inside G-10(抜粋)
Dollar Set for Best Run Since 2017, Calls in Demand: Inside G-10

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE