コンテンツにスキップする

米アマゾンがNY第2本社計画を再考、地元当局者の反発で-関係者

更新日時
  • アマゾンが受ける優遇措置や家賃上昇を巡り計画に反対の声
  • 同市でのプロジェクトから完全に手を引く可能性は低い-関係者
The Amazon logo sits on a cart at an Amazon.com fulfillment center.
The Amazon logo sits on a cart at an Amazon.com fulfillment center. Photographer: Bartek Sadowski/Bloomberg
The Amazon logo sits on a cart at an Amazon.com fulfillment center.
Photographer: Bartek Sadowski/Bloomberg

アマゾン・ドット・コムの幹部はニューヨーク市に第2本社を設立する計画の代替案を検討している。地元の当局者が計画に反対しているためだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  協議の非公開を理由に匿名で語った関係者によると、米東海岸でのオフィス拡張計画に携わる一部の人々がニューヨークの計画を縮小すべきか話し合いを進めている。ただ同市でのプロジェクトから完全に手を引く可能性は低いと、関係者1人は話した。

  米紙ワシントン・ポストは8日、アマゾンが第2本社を設立する計画の再考に入っていると、事情に詳しい複数の関係者を引用して報じた。同社はオフィス物件をまだリースも購入もしていないため、この計画を容易に撤回できる状態にある。

  アマゾンは昨年、クイーンズ地区ロングアイランドシティを第2本社の候補地に選んだと発表。これに対しニューヨーク州の議員や地域の事務局がすぐさま反発した。市や州からアマゾンに提供される約30億ドル(約3300億円)の優遇措置に加え、高収入の新たな労働者流入で地元住民が転居を迫られる恐れや地下鉄の混雑が増すことを挙げている。

原題:Amazon Is Said to Reconsider NY Expansion Plans Amid Opposition(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE