コンテンツにスキップする

米国境警備、11日までに議会で合意に達する見通し-与野党関係者

  • 政府閉鎖の可能性は「ほとんどない」-フライシュマン議員
  • 「合意が成立すると考えている」-共和党下院議員の同氏

超党派の国境警備案について交渉している米議員らは、週末も作業を続ける見込みで、再度の政府閉鎖を回避するため11日までに法案作成を終えることを目指している。交渉に詳しい民主・共和両党の側近らが明らかにした。

  法案作成に取り組む上下両院協議会のメンバー、チャック・フライシュマン下院議員(共和、テネシー州)は政府機関一部閉鎖が再び起きる可能性は高くないと考えているとし、近く妥結に至ることを期待していると述べた。 

  フライシュマン議員は8日のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、政府閉鎖の可能性は「ほとんどない」と発言。「上下両院の両党どちら側にもその意向はほとんどない。それは良いことだ」とし、「合意が成立して政府閉鎖は回避されると考えている」と述べた。

下院共和党のフライシュマン議員

Source: Bloomberg)

原題:Border-Security Deal in Congress Said to Be in Reach by Monday(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE