コンテンツにスキップする

米司法長官代行、ロシア疑惑捜査に「一切介入していない」-議会証言

ウィタカー米司法長官代行は8日、下院司法委員会で証言。トランプ大統領とのやり取りについて追及する議員らに対し、モラー特別検察官によるロシア疑惑捜査に「いかなる形でも介入していない」と述べた。

  捜査を批判した過去の発言について、民主党議員に説明を求められると、ウィタカー氏は「特別検察官の既定に厳重に従っている」と回答した。トランプ氏はこの捜査を「魔女狩り」だと毎日のように非難している。

  ウィタカー氏はまた、モラー特別検察官による捜査についてはトランプ氏ともホワイトハウスの高官とも話をしたことがないと証言。トランプ氏とのやりとりについては、「大統領特権に関わりかねない情報は開示しないという、ホワイトハウスに長らく定着した慣習」を指摘し、これ以上の発言を拒んだ。

原題:Whitaker Says He Hasn’t ‘Interfered in Any Way’ in Mueller Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE