コンテンツにスキップする

ソシエテ労組、トレーディング人員への重大な影響見込む-費用削減で

フランスの銀行ソシエテ・ジェネラルの国内主要労組の1つは、トレーディング事業での「重大」な人員削減に備えている。同行は7日、5億ユーロ(約717億円)の追加コスト削減策を発表した。

  労組CGTは8日、フレデリック・ウデア最高経営責任者(CEO)との会談後にウェブサイトに声明を掲載。コスト削減の大半は債券事業と関連のサポート業務が対象だと説明した。

  CGTは「今回の措置がこれら事業の極めて大幅な縮小につながり得るということは誰の目にも明らかだ」と指摘した。

  その上で「雇用への影響は当然重大なものになるが、この件に関してさらなる見解を示す状況にはまだない」と説明。さらに、ソシエテについて「事業活動や収入を増やす能力に欠ける」として批判した。

原題:SocGen French Union Bracing for ‘Important’ Hit to Trading Staff(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE