コンテンツにスキップする

身売り断念の米アーコニック:2社への分割を計画、配当引き下げ

航空宇宙や建設向けアルミニウム製品メーカーの米アーコニックは2社への分割を計画しているほか、配当を3分の1に削減する。プライベートエクイティー(未公開株、PE)投資会社への身売りが実現しなかったことを受け、大規模な事業再編を実施する。

  • 8日のアーコニック発表によると、同社はエンジニアード・プロダクツ&フォージングズとグローバル・ロールド・プロダクツの2部門に分かれ、このうちの一つがスピンオフ(分離・独立)される。両部門のいずれにも該当しない事業については売却を検討する

インサイト

  • アーコニックはコスト削減を目指し、配当を1株当たり2セント(従来6セント)に引き下げ。年間約2億ドル(約220億円)の営業費用削減を計画
  • 同社は2日前にチップ・ブランケンシップ最高経営責任者(CEO)を就任からわずか1年で解任。ジョン・プラント会長をCEOに起用した。2017年初め以降では4人目のCEOとなる

市場の反応

  • アーコニックの株価は、通常取引前の時間外取引で一時1.8%高。7日までの過去12カ月間では30%下落している。
Arconic shares have been below their opening level of two years ago

詳細

  • 2018年10-12月(第4四半期)の利益は1株当たり33セント。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均の30セントを上回った。売上高は35億ドルに増加。アナリスト予想は34億ドルだった
  • 同社は2019年の1株当たり利益を1.55-1.65ドルと予測。アナリストの予想平均は1.58ドル。売上高は143億-146億ドルになる見通しという
  • 発表文

原題:Arconic to Split Into Two Companies, Slash Dividend in Revamp(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE