コンテンツにスキップする

トゥスクEU大統領:ポーランド政局へ復帰計画、今年選挙で-現地紙

欧州連合(EU)のトゥスク大統領(常任議長)は、母国ポーランドで今年行われる総選挙で野党を支援するために帰国を検討していると、現地紙ジェチポスポリタが報じた。トゥスク大統領は民主主義を巡りEUと対立する与党「法と正義」に対抗したい考えだという。

  EU首脳会議の議題を決め、英国のEU離脱交渉で重要な役割を果たしてきたトゥスク大統領の任期は今年12月に終了する。その後、母国の政局最前線へ戻ることを検討しているのかどうか、トゥスク氏はまだ明らかにしていない。同氏の広報官はジェチポスポリタの報道内容について「真実ではない」と述べた。

  同紙は8日、トゥスク氏は国家主義的な与党政権に対抗する組織をまとめる新たな政治プロジェクトに「直接関与する」だろうと報じたが、具体的な役割については特定しなかった。

原題:EU’s Tusk Plans Polish Comeback for 2019 Elections, Paper Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE