コンテンツにスキップする

ショルツ独財務相、ドイツ銀とコメルツ銀合併への支持を示唆

更新日時
  • 「何かをしなければならない」時に備え、銀行と協議-ショルツ氏
  • 欧州議会選挙前の合併合意を目指しているとの報道は否定

ドイツのショルツ財務相は、銀行業界における「ナショナルチャンピオン」構想への支持を示唆した。同国の2大銀行であるドイツ銀行とコメルツ銀行の合併を政府が実現させようとしているとの観測が強まっている。

  ショルツ財務相は両行についての計画にはっきりと言及することはしなかったが、8日ロンドンでのブルームバーグのイベントで、政府があらゆる選択肢を検討していると、今までで最も明白に認めた。

  同相は「ナショナルチャンピオンの能力を持つ強力な銀行セクターを持つことは重要だ」と言明。「ドイツで多くの国際的な銀行が活動していることは非常に喜ばしいが、いかなる企業の外国での活動にも対処できる安定した国内銀行セクターを持つことも望ましい」と語った。

Germany's Finance Minister Olaf Scholz Says EU Stands By Ireland In Brexit Impasse

ショルツ独財務相(8日、ロンドンで)

Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

  ショルツ財務相とクキース財務副大臣はドイツ銀とコメルツ銀が国内の中小企業を支援できるように両行が合併することを強く促していると、事情に詳しい関係者が述べていた。ドイツ銀と政府の間の協議は過去1年に密度を増した。

  ショルツ財務相は「ドイツの銀行業界の状況について、さまざまな銀行と話し合っている。何かをしなければならない時、必要なことをできるようにするためだ」と語った。

  政府が5月末の欧州議会選挙前にドイツ銀とコメルツ銀の合併合意を目指しているとの独週刊誌ウィルトシャフツウォッヘ(WiWo)の報道については否定。同誌は両行の不良債権を引き受けるための受け皿銀行設立の可能性にも触れ、これが政府支援と解釈され欧州連合(EU)競争当局の目を引く可能性があると報じていた。

  ショルツ財務相は「バッドバンクに関する議論はしていない」と述べた。報じられた合意のタイミングについての問いには「欧州議会選挙が銀行セクターとどう関係するのか想像がつかない」と答えた。

原題:German Minister Signals Support for ‘National Champion’ Bank (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE