コンテンツにスキップする

タイ王女、首相候補に-タクシン元首相派の政党が3月の選挙控え擁立

  • ウボンラット王女はワチラロンコン現国王の姉
  • 3月24日に行われるタイ総選挙後の次期首相候補になる-国家維持党

タイ王室のウボンラット王女が、タクシン元首相につながる政党から首相候補に指名された。

  タイ貢献党から分かれた国家維持党のリーダーは8日にバンコクで、3月24日のタイ総選挙を控えウボンラット王女(67)が同党の首相候補になると発表した。王女はワチラロンコン国王の姉で、タイの選挙にこうした王室の主要メンバーが参加するのは初めて。

  タイ北部にあるナレスアン大学のASEAN研究所の講師、ポール・チェンバース氏は「これはタイにとって前例のないことだ。他の政党が王女と争うのは難しいだろう。王女に対抗する選挙戦を仕掛けるのは誰にとっても容易ではない。タイのイデオロギーは王室ファーストであり、有権者は王女を擁立する政党以外の候補者を選びにくいと感じるだろう」と語った。

  国家維持党は他の全ての政党と同様、8日までに候補者を提出する必要があった。
 

CANNES :  Thailand Film Gala  - 69th Cannes Film Festival

ウボンラット王女

写真家:Sipa via AP Photo

原題:Thai Royal Named Candidate for Premier by Thaksin-Linked Party(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE