コンテンツにスキップする

フランス、駐イタリア大使を召還-「度重なる内政干渉」に抗議

フランス外務省は7日、駐イタリア大使の召還を発表した。仏内政に対するイタリアの度重なる「干渉」と「容認できない」挑発的言動が理由だという。悪化しつつある両国の外交関係は、新たな局面を迎えた。

  仏外務省の声明は「大戦以降、前例のない事態だ」と指摘。「見解の相違はさておき、その関係を選挙目的に利用するのは容認できない」と非難した。

  声明には具体的な出来事への言及がないが、5日にはパリ近郊でイタリアのディマイオ副首相が、マクロン仏政権に抗議する「黄色いベスト運動」の幹部と会合しており、ディマイオ氏は同運動への支持を表明している。

原題:France Recalls Ambassador to Italy, Citing Repeated Interference(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE