コンテンツにスキップする

【ロンドン外為】ユーロが2週間ぶり安値、EUが成長見通し引き下げ

7日のロンドン外国為替市場では、ユーロが2週間ぶりの安値に下落。欧州委員会が今年のユーロ圏の成長見通しを下方修正したことに反応した。引き下げ幅がとりわけ大きかったイタリアは、同国の財政計画に対する懸念が強まり、国債が売られた。

  欧州委員会はイタリアの今年の成長率見通しをプラス0.2%とした。従来はプラス1.2%を見込んでいた。ドイツの成長率予測も1.8%から1.1%に引き下げた。この発表でイタリア10年債利回りは1カ月ぶり高水準の2.96%に上昇、ドイツ10年債利回りは0.13%と、2016年11月以来の低水準を付けた。

  ユーロは一時0.3%安の1.1332ドルとなり、1月25日以来の安値に沈んだ。

Italy's bond yield spread over Germany has started climbing again

原題:Italian Bonds, Euro Fall After EU Cuts Economic Growth Forecasts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE