コンテンツにスキップする

きょうの国内市況(2月7日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●日本株は下落、決算低調や短期過熱感-化学や自動車など広く売り

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は下落。低調な国内企業決算やテクニカル的な短期過熱感から、自動車など輸出関連や素材、小売を中心に内外需とも広く売られた。バンダイナムコホールディングスなど決算失望銘柄も安い。

  • TOPIX終値は前日比13.1ポイント(0.8%)安の1569.03と続落
  • 日経平均株価は同122円78銭(0.6%)安の2万0751円28銭と反落

  アイザワ証券投資顧問部の三井郁男ファンドマネジャーは「TOPIX主導で売られ過ぎ銘柄の見直しが一巡し、騰落レシオなどで過熱感が出ていることから利益確定売りや保有銘柄のウエート調整が出やすくなっている」と述べた。企業業績はさえないとして、「1-3月がボトムとの見方がある一方でしばらく停滞との見方もあり、ポジションを一方向に傾けられる状況にない」と言う。

  東証1部の値下がり銘柄数が1575と値上がりの489を大きく上回る中、自社株買いと市場予想を上回る第3四半期決算を発表したソフトバンクグループが東証1部売買代金首位で値幅制限いっぱいのストップ高。日経平均は同銘柄が約166円押し上げたため、下落率はTOPIXより小幅だった。

  • 東証33業種では石油・石炭製品、不動産、建設、鉱業、食料品、小売が下落率上位
  • ソフトBGの大幅高が貢献した情報・通信のみ上昇

●債券は下落、30年入札順調もフラット化進展の反動ー日銀オペ減額警戒

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券相場は下落。この日の30年国債入札は順調な結果となったが、これまでイールドカーブのフラット(平たん)化が進んでいたことの反動で売りが優勢となった。日本銀行が8日に予定している国債買い入れオペの減額を警戒する見方も出ていた。

  • 長期国債先物3月物の終値は前日比9銭安の152円62銭。一時は152円57銭と日中取引ベースで約2週間ぶりの安値
  • 新発10年物353回債利回りは、日本相互証券の前日午後3時の参照値より0.5ベーシスポイント(bp)高いマイナス0.015%
  • 新発30年物61回債利回りは0.5%台から一時0.615%まで上昇

 岡三証券の鈴木誠債券シニアストラテジスト

  • 30年入札は予想通り順調だったが、ブルフラット化し過ぎたことへの警戒感から揺り戻しが出ても不思議でない
  • 投資家の需要を期待して入札で業者が在庫を持ち過ぎた可能性もある
  • 10年と20年のスプレッドが縮み過ぎていた反動、中期ゾーンも含めたカーブの修正で相場の方向感が交錯する場面も見られた
  • 明日の日銀オペに対する警戒感もあって、利益確定売りが出た可能性はある

 30年債入札

  • 最低落札価格は102円80銭と市場予想と一致
  • 応札倍率は4.72倍と昨年7月以来の高水準、前回4.03倍
  • テールは5銭、前回は2銭
  • パインブリッジ・インベストメンツ債券運用部の松川忠部長
    • 30年債の0.5%台はいずれ売らなければならない水準か
    • 落札したのは短めのゾーンの売りと組み合わせるカーブプレーヤーやモメンタム重視の向きか
    • YCC下では過度なフラット化は考えにくいのではないか

●ドル・円弱含み、日米株安や米金利低下でリスク回避ードル109円後半

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場でドル・円相場は弱含み。日米株価下落や米金利低下を背景に、リスク回避のドル売り・円買いが優勢となった。1ドル=110円台での売り需要も重しとなった。

  • 午後3時8分現在のドル・円は前日比ほぼ横ばいの1ドル=109円94銭。朝方に付けた110円03銭から一時109円73銭まで下落した。午後は下げ幅を縮小する展開
  • ポンド・ドル相場は同時刻現在、ほぼ横ばいの1ポンド=1.2933ドル。ポンド・円相場はほぼ横ばいの1ポンド=142円21銭

 NBCフィナンシャル・マーケッツ・アジアのディレクター、デービッド・ルー氏(香港在勤)

  • ドル・円、110円近辺は輸出企業だったり、ドルのヘッジ率引き上げに伴う売り需要が強いとみられ、特に東京時間はそういった動きが押し下げ要因の一つ
  • 日本株下落に伴うクロス円(ドル以外の通貨の対円相場)の軟調地合いも加わっている。S&P500指数が200日移動平均線の回復にいったん失敗しており、株高リスクオンストーリーが調整入りかという局面に
  • ドル・円は下げ余地はあるとは思うが、特に材料もない上、ドル買い円買いにもなりやすく、109円50銭めどに下値は限定的になりやすい
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE