コンテンツにスキップする

米上院議員、FCCに通信事業者の調査要請-人気アプリの速度制限で

  • FCCは2月27日までに返答必要-上院議員らが書簡で要請
  • 通信事業者による速度制限に関する情報開示が焦点に

米上院議員3人は6日、米国のワイヤレス通信事業者が人気アプリの速度を顧客に知らせずに制限しているかどうか調査するよう連邦通信委員会(FCC)に要請した

  今回の要請に先立ちブルームバーグ・ニュースは昨年、ノースイースタン大学とマサチューセッツ大学の研究を引用し、米国の大手通信会社が「ユーチューブ」や「ネットフリックス」といったアプリのインターネット通信を減速させていると報じていた。研究者らは、どのモバイルサービスがどの通信業者によって速度制限されているかをモニターするため、スマートフォンアプリ「Wehe」を使い、消費者10万人余りを対象に調査した。

  全てのインターネット通信を平等に扱うことを通信事業者に義務付けたネット中立性規則の撤廃後も、FCCはサービス事業者に対し、ブロードバンドアクセスに関する正確な情報を消費者に提供させる必要がある。

Department Of Transportation Secretary Elaine Chao Testifies Before Senate Commerce Committee

マーキー上院議員

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  民主党のエドワード・マーキー上院議員(マサチューセッツ州)とロン・ワイデン上院議員(オレゴン州)、リチャード・ブルーメンソル上院議員(コネティカット州)は昨年11月、ベライゾン・コミュニケーションズAT&TTモバイルUSスプリントに書簡で顧客が速度制限に気づいていないことが多いとの懸念を伝えていた。

  3氏はFCCに宛てた書簡で、通信事業者が「われわれの質問の多くに返答しておらず、一部サービスの意図的な質の低下を巡るわれわれの懸念は一層増した」と指摘。FCCに対し調査を行うかどうか書面で2月27日までに返答するよう求めた。

原題:Senators Ask the FCC to Investigate Wireless Carrier Throttling(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE