コンテンツにスキップする

EA、テイクツーなどゲーム株急落-「フォートナイト」との競争で苦戦

Electronic Arts logo displayed on a screen during the company's EA Play event in Los Angeles.
Electronic Arts logo displayed on a screen during the company's EA Play event in Los Angeles. Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg
Electronic Arts logo displayed on a screen during the company's EA Play event in Los Angeles.
Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

米ゲームソフト大手2社の四半期決算に対する市場の反応は、大ヒット作「フォートナイト」を送り込んだ企業を例外として、ゲーム会社はどこも苦しい状況に追い込まれる可能性を物語っているようだ。

  エレクトロニック・アーツ(EA)の「バトルフィールド」最新作は振るわず、明るいサプライズは出なかった。6日の米市場でEA株は一時、前日比15.7%安まで売り込まれた。テイクツー・インタラクティブ・ソフトウエアは昨年の「レッド・デッド・リデンプション2」発売は好調だったものの、1-3月(第4四半期)利益予想がアナリスト予想を下回ったことが重しとなり、株価は日中14%安となる場面があった。

  悲観論は欧州にも波及し、「アサシン クリード」を手掛けるユービーアイソフト・エンターテインメントは一時10.5%下げた。

Fortnite helps Tencent shares outgun peers

  各社が抱えている問題はフォートナイトがゲーム業界を席巻し、プレーヤーの時間と金を吸い上げていることだ。同ゲームのダウンロードとプレーは無料だが、アプリ内購入やサブスクリプションは有料。ゲーム自体の小売価格が高い従来型のゲームに、圧力をかけている。

  中国のテンセント・ホールディングスは2012年に、フォートナイトを開発したエピック・ゲームズの40%株式を取得した。ゲーム業界でシェア争いが激化する中でも、テンセントの株価は比較的持ちこたえている。

原題:Fortnite Gives Headache to Game Makers EA, Take-Two and Ubisoft(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE