コンテンツにスキップする

米国境警備、週内に合意可能と民主党トップ-警戒すべきはトランプ氏

  • 上下両院協議会、国境フェンスも交渉に入れる-ローイ下院歳出委員
  • 合意に達しない場合、2月15日以降に再び政府閉鎖の可能性

政府機関の再閉鎖を回避するため、国境警備を巡る合意形成に取り組むローイ下院歳出委員長(民主、ニューヨーク州)は、トランプ大統領が壁建設費用の要求を繰り返しているものの、今週末までに超党派の合意に達することは可能だと述べた。ローイ委員長は「8日の期限に間に合うと考えている」 と6日に述べた。

House Speaker Nancy Pelosi Holds News Conference Ahead Of Vote To End Government Shutdown

ローイ下院歳出委員長

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  ペロシ下院議長は、政府の暫定予算が期限切れとなる2月15日までに法案を可決するには、8日までに合意に達する必要があると指摘していた。壁建設費用を巡る党派的行き詰まりの結果、政府機関の一部は昨年末から35日間閉鎖され、議会とトランプ氏は閉鎖を解除する暫定措置で合意した。

  依然としてトランプ大統領というワイルドカード(不確定要素)は残る。トランプ氏は5日の一般教書演説で、メキシコ国境の壁建設費用をあらためて要求した。超党派の議員がまとめた合意にトランプ氏が同意しない場合、共和党主導の上院での可決は危ぶまれる。

  トランプ氏はこれまで、新たな歳出法案に「壁ないしは物理的な障壁」を建設する予算が含まれない場合、再び政府が閉鎖されると警告している。民主党は壁の建設を拒否してきたが、既存フェンスの増設は交渉に含まれていると、ローイ委員長は話した。

  上下両院協議会のメンバーは6日に非公開の会合を開き、国境の警備やフェンスなどの障壁について、どの程度の予算が適切か協議している。

原題:Top Democrat Expects Border Deal, While Trump Remains Wild Card(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE