コンテンツにスキップする

テスラ、「モデル3」の価格引き下げ-今年に入って2度目

  • 2月1日には顧客紹介プログラムを打ち切り
  • 税控除措置の減額分を一部補うため1月初旬にも値下げ

米電気自動車メーカーのテスラは、セダン「モデル3」の価格を引き下げる。値下げは今年に入って2度目。顧客紹介プログラムの終了が理由。同プログラムはテスラが認識していた以上にコストが高かった。

  モデル3全車種の価格が1100ドル(約12万円)安くなり、最低価格は4万2900ドルとなる。1月初旬にはテスラ車全車種で2000ドルの値下げを発表していた。米連邦政府による税控除減額を一部補うことが理由。同税控除措置はテスラ車が対象となっていた。

A Tesla Inc. Delivery Center As Carmaker Makes Model 3 Deliveries

テスラの「モデル3」

撮影: Patrick T. Fallon/Bloomberg

  テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は今月初めに顧客紹介プログラムを打ち切った。このプログラムは既存の顧客に紹介された新規の顧客に対し、充電施設スーパーチャージャーネットワークへの無料アクセスを数カ月にわたって提供するもの。同社は広告による販促活動をしない。紹介数の多い顧客は、次世代スポーツカー「ロードスター」とほぼ同価値の特典を得た。

  6日の米株式市場でテスラの株価は一時1.8%安。年初からの下げは3%を超えている。

原題:Tesla Cuts Model 3 Price for the Second Time This Year (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE