コンテンツにスキップする

ドイツ:製造業受注が大幅減ー10~12月マイナス成長ならリセッション

  • 12月の製造業受注指数は前月比1.6%低下
  • ドイツ経済はリセッションに向かっているードイツ銀

ドイツでは昨年12月の製造業受注が予想に反して前月を大きく下回り、ドイツ経済のリセッション(景気後退)入りの懸念をあおった。

  連邦統計局の6日の発表によると、12月の製造業受注指数は前月比1.6%低下と6カ月ぶりの大幅低下。低下は2カ月連続で、10ー12月(第4四半期)のドイツ経済が前期に続いてマイナス成長となりリセッション入りしたとの観測を高める可能性がある。

  統計局は「小幅な」プラス成長を見込んでいるが、経済指標はより厳しい現実を浮き彫りにしている。ドイツ銀行は5日、企業景況感の悪化とともにドイツ経済がリセッションに向かっているとの見方を示していた。

  経済省は発表資料で、データは「製造業の弱い局面が当面続くことを示唆している」とコメントした。  

German factory orders post biggest year-on-year drop since 2012

原題:Slump in German Manufacturing Orders Set to Fan Recession Fears(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE