コンテンツにスキップする

タイ中銀:政策金利据え置き、予想通り-インフレ鈍化と通貨高で

  • 昨年12月の利上げ後、様子見の余地生まれる
  • 1日物レポ金利を1.75%に維持-エコノミスト全員の予想通り

タイ銀行(中央銀行)は政策金利を据え置いた。インフレ率が鈍化し、通貨バーツも値上がりしており、昨年12月の利上げ後に様子を見る余地が生まれた。市場の予想通りだった。

  タイ中銀が6日発表した声明によれば、1日物レポ金利は1.75%に据え置かれた。ブルームバーグが調査したエコノミスト21人全員の予想通り。会合に参加した金融政策委員会のメンバー6人のうち4人がこの決定を支持した。

The strong baht put pressure on consumer prices

原題:Thailand Holds Interest Rate as Inflation Eases, Baht Gains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE