コンテンツにスキップする

トランプ大統領、雇用や賃金など経済面での成果を誇張-一般教書演説

トランプ米大統領は5日の一般教書演説で、経済面での成果を誇張した。公式データと一致しない数字をもてはやしたほか、重要な文脈を省いたまま一部の実績を強調した。

  トランプ氏は、米国では2016年の大統領選以降、全体で530万人、製造業で60万人の雇用が創出されたと指摘した。全体の数字は公式データと一致しているが、労働省の統計で示されている製造業の正確な数字は19年1月と16年11月の雇用者数の差である48万1000人だ。

President Trump Delivers State Of The Union Address

一般教書演説を行うトランプ米大統領(2月5日)

写真家:Al Drago / Bloomberg

  トランプ大統領はまた、賃金が「ここ数十年で最も速いペースで上昇している」と述べた。だが、幅広く引用される指標である労働省の平均時給データによれば、実際の伸びはここ10年弱で最速のペースにとどまっている。もう一つの指標である雇用コスト指数は、昨年10-12月(第4四半期)に前年同期比2.9%上昇と、08年以来の伸びだった。

Wages have touched the highest since 2009

原題:Trump Inflates U.S. Economic Achievements From Jobs to Wages(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE