コンテンツにスキップする

トランプ大統領は金委員長と27、28両日にベトナムで会談

更新日時
  • 大統領に選出されていなければ今頃は北朝鮮と戦争ートランプ氏
  • 米朝首脳会談は6月のシンガポールに続き2回目、開催都市言及せず
トランプ大統領は金委員長

トランプ大統領は金委員長

Photographer: SAUL LOEB/AFP
トランプ大統領は金委員長
Photographer: SAUL LOEB/AFP

トランプ米大統領は5日の一般教書演説で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と今月27、28両日にベトナムで会談すると述べた。2回目の米朝首脳会談を巡って数カ月続いた臆測に終止符が打たれた。

  トランプ大統領は「私の考えでは、私が米大統領に選出されていなかったら、今ごろわれわれは北朝鮮と大きな戦争に陥っていただろうと思う」と述べ、「多くの作業がまだ残っているが、私と金正恩委員長との関係は良いものだ。委員長と私は2月27日と28日にベトナムで再び会談する」と表明した。

President Trump Delivers State Of The Union Address

一般教書演説を行うトランプ大統領(2月5日)。

写真家:Al Drago / Bloomberg

  トランプ大統領は首脳会談の開催都市については言及しなかった。

  昨年6月の歴史的な米朝首脳会談のフォローアップ会合の準備において、開催地選定は最大の難関の1つ。米朝両国は70年近く敵対的関係にあったため、トランプ大統領も金委員長も厳戒な警備を必要とする。

  ベトナムが有力な開催地候補として検討された背景には、同国が冷戦時代に北朝鮮と同盟関係にあったことや、米国の安全保障上のパートナーになり始めたことがある。トランプ大統領は2017年後半にハノイとダナンを訪問。金委員長は友好国である中国の上空を飛行すればベトナムにほぼ到着できる。

原題:Trump Says He’ll Meet Kim Jong Un in Vietnam on February 27-28(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE