コンテンツにスキップする

秘密の社内恋愛は御法度-ブリッジウォーター、外為調査責任者を解雇

  • ベテラン幹部のエリオット氏、相手の女性とも解雇
  • 徹底的な透明性求めるブリッジウォーター、関係開示が不完全と判断
Defocused shot of a group of businesspeople having a discussion in an office
Defocused shot of a group of businesspeople having a discussion in an office Photographer: PeopleImages/E+
Defocused shot of a group of businesspeople having a discussion in an office
Photographer: PeopleImages/E+

資産家レイ・ダリオ氏率いるヘッジファンド運営会社ブリッジウォーター・アソシエーツがシニアマネジャーを解雇した。社内恋愛の不十分な開示がその理由だ。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  関係者によると、解雇されたのは外為調査責任者のボブ・エリオット氏。ブリッジウォーターはエリオット氏が同僚の女性との関係を適切に開示しなかったと指摘したという。関係者の1人は、エリオット氏はこの関係について複数の上司に伝えていたため理由なく解雇されたと考えていると述べた。女性は勤続3年でエリオット氏の部下ではなかったが、同様に解雇された。

  社歴13年だったエリオット氏は リンクトインのプロフィルで、ブリッジウォーターにはもはや所属していないことを明らかにしている。エリオット氏、ブリッジウォーターとも、詳細についてコメントしない方針。この解雇は先週、ヘッジファンド・アラートが先んじて報じていた。

  1975年にブリッジウォーターを設立したダリオ氏は約200の原則を設定している。その中心には「徹底的な透明性」を据え、従業員には互いに厳格なまでに誠実になることを要求する。会議は録音され、将来の参考資料や議論とするために保管される。

  ブリッジウォーターで社内恋愛が禁止されているわけではない。実際、社内恋愛は比較的珍しくはないが、従業員はいかなる利益相反の可能性も開示しなければならないと、元従業員は語った。

原題:Bridgewater Is Said to Fire Forex Research Chief Over Romance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE