コンテンツにスキップする

英国、離脱延期には極めて明確な要請が必要-欧州議会の有力議員

  • EU、英離脱延期の議論に「可能性閉ざさず」-憲法問題委員長
  • 英政府は延期の理由と期間の明示を、欧州議選対応も必要

英国が欧州連合(EU)離脱の延期を望むならば、メイ英首相は要請を極めて明確にする必要があると、欧州議会で憲法問題委員会委員長を務めるダヌタ・ヒュブナー議員が指摘した。

relates to 英国、離脱延期には極めて明確な要請が必要-欧州議会の有力議員

欧州議会憲法問題委員会委員長のヒュブナー議員

Photographer: Arnaud Devillers

  英国が3月29日に合意なしで離脱する見通しは非常に警戒されているとヒュブナー氏は指摘し、秩序立った離脱を確保するための延期をEU加盟国は真剣に検討するだろうと発言。ただ、英国がそのような提案をする場合はEUの残り27カ国による全会一致の支持が必要で、5月23-26日に予定される欧州議会議員選挙への対処も含め詳細なロードマップを提示しなければならないだろうと述べた。

  4日にブリュッセルでインタビューに応じたヒュブナー氏は、「この問題を議論する可能性をわれわれは閉ざしていない」としつつ、離脱延期の要請は「何の目的で、どれくらいの期間かを明示するものでなくてはならない。欧州議会選挙の問題についての対応も盛り込む必要がある」と述べた。

原題:Delaying Brexit Would Require U.K. Clarity, Top EU Lawmaker Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE