コンテンツにスキップする

イタリア:ユーロ懐疑派を証券取引委会長に指名で合意-ANSA

イタリアは5日の閣議で、同国証券取引委員会(CONSOB)の会長にユーロ懐疑派として知られるサボナ欧州問題担当相(82)を指名することで合意したと、ANSA通信が報じた。CONSOBの会長職は、ナバ前会長が同国連立政権によって辞任に追い込まれて以来、数カ月間にわたり空席となっている。

  「五つ星運動」と連立与党を組む「同盟」の当局者1人はこれより先、同盟と五つ星はサボナ氏指名で合意したとテキストメッセージで明らかにしていた。コンテ首相の報道官にコメントを求めたが返答は得られていない。ブルームバーグはサボナ氏にコメントを求めて電話およびテキストメッセージを送信したが、これまでのところ返答は得られていない。

原題:Italy Populists Said to Agree on Euroskeptic for Market Post (1) (抜粋)
*ITALY CABINET AGREES ON NOMINATING SAVONA FOR CONSOB: ANSA

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE