コンテンツにスキップする

デンマーク、華為従業員2人を国外追放-外国人就労巡る家宅捜索後

  • 査証の確認はいつもあり、当局に協力している-華為広報
  • 今回の措置がスパイ活動疑惑との関連を示す証拠はない
relates to デンマーク、華為従業員2人を国外追放-外国人就労巡る家宅捜索後

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

relates to デンマーク、華為従業員2人を国外追放-外国人就労巡る家宅捜索後

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)従業員2人がデンマークで国外追放処分を受けた。外国人の不法就労を巡り、デンマーク警察が捜査していた。

  警察によれば、コペンハーゲンで複数の華為オフィスを対象にした家宅捜索が1月31日に実施された。居住・労働許可に関するデンマークの法律に抵触したとして当初は4人が摘発されていたが、2人についてはその後、容疑が取り下げられた。警察報道官が2月4日、電話取材で語った。

  同報道官は「通常捜査」だとし、デンマーク当局は外国人従業員の多い職場を「定期的」に調べていると説明。追放された従業員の国籍を含め詳細についてのコメントは控えた。警察の内規を理由に匿名を条件に語った。

  華為の広報担当者は「こうしたビザ(査証)の確認はいつもあり、われわれは当局に協力してる」と述べた。

  デンマークで今回講じられた措置が、米国などを中心に指摘されている中国によるスパイ活動疑惑との関連を示す証拠はない。ポーランドでは1月、中国のためにスパイ活動をしていたとして華為社員1人が逮捕された。

原題:Huawei Staff Expelled From Denmark After Work Permit Checks (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE