コンテンツにスキップする

住む国変われば超富裕層巡る環境変わる-所得上位1%の人々

  • インドの所得上位1%11人の富を合わせると、UAEの1人分
  • 所得税の最高税率が1%の人々の一部にしか適用されない国も多い
A helicopter sits on the upper rear deck of a superyacht.
A helicopter sits on the upper rear deck of a superyacht. Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg
A helicopter sits on the upper rear deck of a superyacht.
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

金融危機以後、所得の不平等に対するエコノミストや政治家、ジャーナリストの注目が高まった。上位1%の超富裕層について特によく語られるようになったが、所得水準は世界中で大きく異なっており、住む国によってそうした人々を巡る環境も変わる。

  新興国インドの所得上位1%11人の富を合わせると、産油国アラブ首長国連邦(UAE)の上位1%1人分に相当する。

Annual pretax income threshold to be in the top 1 percent of earners

Figures are for the most recent year available; all figures given in 2017 U.S. dollars adjusted for purchasing power parity

Sources: World Inequality Database, Statistics Canada

  多くの先進国では1%の人々は所得の相当部分を税金として収める。所得税の最高税率が1%の人々の一部にしか適用されない国も多い。

Top marginal tax rate in 2018

Source: KPMG

  ロサンゼルスの大邸宅1軒を買える資金があっても、モナコでは魅力的な集合住宅1戸を買うのがやっとだろう。一方で、子育てにかかる費用にはそれほど大きな開きはない。

Housing, education, and childcare costs

*Costs vary by grade

Sources: Knight Frank, Chamness WorldWide

原題:A Global Guide to What It Means to Be Part of the 1%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE