コンテンツにスキップする

ソフトバンク株が3日続伸、上場後の初決算は増益-社長は高配当意欲

更新日時
  • 競争激しい中、業績は順調に進捗とSMBC日興のアナリスト
  • 今期営業利益計画の7000億円、「軽く達成できる」と宮内社長
Mobile Phone Users And Stores As NTT DoCoMo Inc. Leads Plunge After Abe Calls For Lower Phone Bills
Photographer: Kiyoshi Ota
Mobile Phone Users And Stores As NTT DoCoMo Inc. Leads Plunge After Abe Calls For Lower Phone Bills
Photographer: Kiyoshi Ota

国内通信会社のソフトバンクの株価が3日続伸。上場後初めてとなる2018年10-12月期決算は営業増益となったほか、宮内謙社長は来期も高い配当性向を維持する方針を示した。

  株価は一時前日比2.1%高の1388円まで上昇。ただし、株式公開価格の1500円は下回ったまま推移している。親会社のソフトバンクグループの株価は一時2.8%高の8653円と反発した。

  投資判断を「1(アウトパフォーム)」とするSMBC日興証券の菊池悟アナリストは5日のリポートで、「業績は順調に進捗(しんちょく)」と評価。モバイルキャリア間の競争は激しくなっているが、今期営業利益は会社計画の7000億円、同証予想の7100億円を「達成することは十分に可能であろう」との見方を示した。

  また、「配当維持・成長はマネジメントのコミットメント」とし、今期の会社計画ベースの配当利回り5.5%が株価を支える要因になるともみている。

  宮内社長は5日午後の決算会見で、「フリーキャッシュフローの状況からすると、成長と株主還元の両方を追求することができると思っている」と説明。安定的な1株当たりの配当や配当性向85%程度を目安に高い株主還元を追求するとし、「来期に向けても配当の維持・拡大の方向でやっていきたい」と述べた。

SoftBank's Japan Mobile Business Makes Trading Debut

ソフトバンクの宮内社長

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  現状の株価について宮内社長は、「ソフトバンクがきちんと成長していくのを見ていただくのに時間がかかる」と分析。今後5-10年で情報技術(IT)が進化する中、事業を伸ばす自信があるほか、ペイペイやウィーワークに続く本格的なジョイントベンチャーの展開などを通じ、公開価格を上回る証券会社の目標株価を「達成できる時が来ると思っている」と話した。

  NTTドコモKDDIに次ぐ業界3位のソフトバンクは、昨年12月に東京証券取引所に上場。スマートフォン累計契約数の増加が同社収益にプラスに寄与している半面、約3600万人に影響が及んだ昨年12月の通信障害では総務省から行政指導を受けた。政府主導の通信料金の値下げ圧力や10月の楽天による移動体通信事業者(MNO)サービスの開始が将来的な収益のマイナス要因にもなり得る。

10-12月期の業績

  • 売上高9823億円、前年同期9600億円
  • 営業利益1916億円、前年同期1551億円
  • 純利益1012億円、前年同期909億円
実数前の四半期比
スマートフォンの累計契約数2146万件+1.8%
加入者1人の月間収入(ARPU、総合)4380円+1.2%
解約率(スマホ、携帯電話合計)1.03%+0.1ポイント

  18年10-12月期(第3四半期)の営業利益は前年同期比24%増の1916億円。主力のコンシューマ事業でモバイルが前年同期比3.7%増の4088億円だった。

  19年3月通期の見通しは従来計画を据え置き、1株当たり37.5円(半期)を見込む配当計画も維持した。宮内社長は、「営業利益の目標は7000億円。軽く達成できるというふうに私は思っている」と述べた。

  また同社長は、通信技術を巡る中国の華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の排除問題について、第4世代(4G)設備の交換は現時点で考えていないと言明。第5世代(5G)に関しては、「ネットワークの安定性、技術の優位性という点で多方面でベンダーを検討している」とし、国の調達方針なども含め「総合的に勘案する」と話した。

2019年3月期計画前期比
売上高3兆7000億円+3.3%
営業利益  7000億円+9.7%
純利益  4200億円+4.8%
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE