コンテンツにスキップする

米Slack、上場に向けて動く-Spotifyに続く直接上場か

A menu in the chat service app Slack
A menu in the chat service app Slack Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg
A menu in the chat service app Slack
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

メッセージプラットフォームを運営する米スラック・テクノロジーズは、米国での株式上場に向けた文書を届け出た。詳細は明らかにしていない。

  スラックは4日、米証券取引委員会(SEC)に対し、情報開示義務を伴わない形で上場の意向を示す文書を届け出たと発表した。同社は通常の新規株式公開(IPO)手続きを経ず、公募増資などを行わない直接上場(ダイレクトリスティング)を目指していると伝えられていた。

  事情に詳しい関係者によれば、スラックは上場に向けてゴールドマン・サックス・グループやモルガン・スタンレー、アレン・アンド・カンパニーと作業を進めている。情報が非公開であることを理由に関係者は匿名で語った。

  スラックとゴールドマン、モルガン・スタンレーの担当者はコメントを控えた。アレンは現時点でコメント要請に応じていない。

  スラックが直接上場を進めた場合、音楽配信サービスのスポティファイ・テクノロジーが昨年実施したのに続く動きとなる。

原題:Message Platform Slack Moves Ahead Amid Direct Listing Plans (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE