コンテンツにスキップする

株は買い時、アナリストの強気予想待つ必要ない-JPモルガン

A trader works on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S.
A trader works on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S. Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
A trader works on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

歴史が示すように市場予想と実際の相場の動きに約一年の時差があるとすれば、株式を買うのにアナリストの利益予想引き上げを待つことはない。米銀JPモルガン・チェースのストラテジストらがそう指摘した。

  2016年を例に見ると、相場は2月に底入れしたものの、業績見通しが上方修正されたのは年末だったと、ミスラブ・マテイカ氏率いる同行のアナリストが4日付リポートで指摘した。

Analysts in the past have lagged the equity rally by about a year

  同リポートは、「現在の株反発は終了からはほど遠いと確信しており、次のリセッション(景気後退)が来る前に株価が現在のサイクルでの高値を更新する可能性はあるとみている」と指摘し、「業績が上向くのを待って株価が回復するということは決してない」と述べた。

  1月の株価は世界的に2015年10月以来の大幅な伸びを記録した。米金融政策当局がハト派的な姿勢を示したほか、米中通商協議で合意成立が見込まれたことが背景にある。

  • JPモルガンは先進国市場で引き続き米国の「オーバーウエート」、ユーロ圏の「中立」を推奨
  • 日本は「中立」、英国は「アンダーウエート」

原題:Don’t Wait for Analysts to Turn Bullish to Buy Stocks, JPM Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE