コンテンツにスキップする

ウォール街の金融機関、中国株空売りを容易にする改革求める

  • 貸株や香港市場との接続経由するブロック取引など求める
  • 「国際的な枠組みや基準取り入れる考え方目にする」とASIFMA
Problems With China's Data in the Past, Statistics Bureau Says

Photographer: Qilai Shen/ Bloomberg

Problems With China's Data in the Past, Statistics Bureau Says

Photographer: Qilai Shen/ Bloomberg

ウォール街の金融機関が中国に対し、香港市場とのトレーディング接続を経由した中国株の空売りなどを容易にするよう、変更を求めるロビー活動を準備中だ。

  ソシエテ・ジェネラルは空売りの前提条件となる、中国上場の株式貸与を制限する規則の緩和を他行とともに求めていると明らかにした。事情に詳しい関係者によれば、シティグループとモルガン・スタンレーはまた、ブロック取引のための清算のほか、香港ないし中国本土市場が祝日で休場の際に接続できなくなる点について、その日数を減らす措置などを求めているという。

  こうした変更を規制当局や取引所と話し合う会合をアレンジするアジア証券業金融市場協会(ASIFMA)の株式担当責任者、趙蔭人氏は、中国の当局者はより多くの外国勢を引き付けるために必要な措置を認識していると述べた。市場は昨年、MSCI世界指数への中国株組み入れへの準備に焦点を絞っていたが、今年は空売りなど、世界でも有数の株式相場の一つとなった中国株取引を容易としリスクを減らす方法にあらためて注目している。

  趙氏は「取引プロセスを巡り国際的な枠組みや基準を取り入れる新たな考え方を中国で目にするようになっている」と述べた。同氏は中国証券監督管理委員会が1月31日公表したパッケージに言及した。

Northbound trading has increased steadily since 2016

原題:Wall Street Pushes For Easier Way to Short Chinese Stocks (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE