コンテンツにスキップする

ドイツ銀がトランプ氏への融資拒否、16年の大統領選活動中-NYT

  • 当選し債務不履行した際の回収断念か資産差し押さえの二者択一懸念
  • トランプ・オーガニゼーションの広報担当は報道は誤りと同紙に指摘
Republican Presidential Nominee Donald Trump Hosts Election Night Party
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
Republican Presidential Nominee Donald Trump Hosts Election Night Party
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

ドイツ銀行は2016年の米大統領選挙キャンペーン中に当時候補者だったドナルド・トランプ氏への融資を拒否していたと、米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が報じた。

  同紙が匿名の関係者3人を引用して伝えたところでは、トランプ氏の要請は当時の同行トップ経営委員会が退け、委員会メンバーにはその後最高経営責任者(CEO)となったクリスティアン・ゼービング氏らが含まれていた。同委はトランプ氏が当選し、債務が最終的に不履行となった場合、債務回収断念か米大統領の資産差し押さえの二者択一を迫られると懸念したという。

  関係者2人によると、トランプ・オーガニゼーションはスコットランドのターンベリーにあるゴルフ場の費用を賄うため、マイアミのリゾートを担保にした融資を求めていた。

  この報道について、トランプ・オーガニゼーションの広報担当アマンダ・ミラー氏は「完全な誤り」だと指摘し、ターンベリー向けに外部資金を必要としていなかったと説明したものの、ドイツ銀に融資を求めたかどうかは明確にしなかったと、NYT紙は伝えた。ドイツ銀の広報担当はコメントを控えたという。

原題:Deutsche Bank Denied Trump Loan During 2016 Campaign, NYT Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE