コンテンツにスキップする

中国人民銀の郭書記、銀行間市場と外貨準備の運用改善呼び掛け

  • 銀行間市場は新たな課題に直面、市場志向を強めるべきだ-郭樹清氏
  • 銀保監会主席を兼務する郭氏は外貨準備の管理改善も促す

中国人民銀行(中央銀行)の共産党委員会書記を務める郭樹清氏は1日、銀行間市場の自己規律を強化し、発展とリスク管理のより良い均衡を図るべきだとの認識を示した。

  人民銀のウェブサイトに2日掲載された声明によると、郭氏は1日に中国銀行間市場交易商協会(NAFMII)を訪れ、世界的な情勢と中国経済が変化する中、銀行間市場も新たな課題に直面していると指摘。市場志向を強めるべきだと述べた。

Key Speakers at the Lujiazui Forum

中国人民銀行の郭樹清党委書記

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

  銀行保険監督管理委員会(銀保監会)主席を兼務する郭氏は約3兆1000億ドル(約339兆3300億円)に上る外貨準備高を管理する国家外為管理局(SAFE)の運用センターも訪れ、2019年は外貨準備の管理を改善し、国家戦略と合致させ、経済安全保障を守るよう呼び掛けた。

原題:PBOC’s Guo Urges Better Management of Interbank Market, Reserves(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE