コンテンツにスキップする

中国が米国産大豆を購入、米中通商協議の翌日-関係者

  • 国営シノグレインとCOFCOが少なくとも100万トン購入
  • トランプ氏は中国が米国産大豆購入に同意したと明らかにしていた

米中通商協議が終了した翌日、中国は再び米国産大豆を購入している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  取引が非公開として匿名を条件に語った関係者によれば、国有の中国儲備糧管理(シノグレイン)と食料品で中国最大手の中糧集団(COFCO)は1日、少なくとも100万トンを購入した。これらの大豆は4-7月出荷用。

  トランプ大統領は前日のワシントンでの通商協議後、最大の大豆輸入国である中国が米国産大豆500万トンを購入することに同意したと明らかにした。中国は昨年12月のトランプ大統領と習近平国家主席の会談後の数週間で、推定500万トンを購入していた。

原題:China Is Said to Snap Up U.S. Soybeans a Day After Trade Talks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE