コンテンツにスキップする

フォックスコン、米工場建設計画の続行表明-トランプ大統領と協議後

  • 同社は計画の撤回も検討しているとロイター通信が伝えていた
  • トランプ氏はツイッターで今回のフォックスコンの動きを歓迎

フォックスコン・テクノロジー・グループは、米ウィスコンシン州に大規模な工場を建設する計画を続行すると表明した。トランプ米大統領と同社の郭台銘(テリー・ゴウ)会長がこの問題について協議した後に発表された。

  フォックスコンは1日、ウィスコンシン州で液晶ディスプレー(LCD)工場計画を進めると発表。「ホワイトハウスと当社の生産的な協議」およびトランプ大統領と郭会長の個人的な会話を受け、フォックスコンはウィスコンシン州の生産拠点の建設計画を進めていくと説明した。

  フォックスコンは計画の撤回も検討していると、ロイター通信が1月30日に伝えていた。同社はウィスコンシン州に1万3000人の雇用を創出すると約束していた。

  トランプ大統領は今回のフォックスコンの動きを歓迎した。「私と郭台銘氏の会話後、ウィスコンシン州でのフォックスコンに関する素晴らしいニュースが届いた!」とツイートした。

原題:Foxconn Says It Will Build Wisconsin Plant After Trump Talks (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE