コンテンツにスキップする

クドロー米NEC委員長:米中通商協議の「良い空気」は心強い

今週の米中通商協議を終え、トランプ米大統領は中国と合意に至る可能性を楽観していると、クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は述べた。

  クドロー氏は1日にブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、1月30・31日の「協議には、言うなれば良い空気が流れていた」とコメント。「まだ書面に残す段階ではない。率直に言ってそれはまだまだ先のことで、大変な作業がかなり残っている。それでも、中国側がかつて協議を渋っていた具体的な事柄を話し合うなど、新しい境地が開けた」と語った。

クドローNEC委員長

Bloomberg

  米中が2日間にわたる閣僚級の貿易協議を終了し、中国は米国からの農産物やエネルギーなどの輸入を「大幅」に拡大すると確約した。貿易戦争の「休戦」が終了する3月1日が1カ月後に迫る中、両国は交渉の打開に向けさらなる協議を計画している。

  クドロー氏は、いかなる合意であっても、合意順守を確実にする「明確な」手法を盛り込むことが欠かせないと指摘した。

原題:Kudlow Says U.S. Encouraged by ‘Good Vibe’ of China Trade Talks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE