コンテンツにスキップする

アップルが「フェイスタイム」バグで謝罪、更新OS提供は週明けに

アップルは、通話相手が着信への応答・拒否を決める前に相手の音声が聞こえてしまうというビデオ通話アプリ「フェイスタイム」のバグ(不具合)につき謝罪した。

  同社はバグを修正したとし、週明けに携帯端末用基本ソフト(OS)「iOS」の更新版をリリースすると述べた。

  アップルは1月28日に、グループ・フェイスタイムを遠隔操作で無効にする次善策を講じていたが、これを再び欠陥なく正常に機能させるにはソフトウエアを更新する必要があった。同社はその時点では、更新版は今週提供できると述べていた。

原題:Apple Apologizes for FaceTime Bug, Says Fix Due Next Week (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE