コンテンツにスキップする

サンダース米上院議員、遺産増税を提案-富裕層に最高77%課税

米議会上院のバーニー・サンダース議員(無所属)は富裕層の遺産税率引き上げを提案した。10億ドル(約1100億円)を超える遺産に対し最高で77%の税率を適用するなどとしている。

Inside The South By Southwest (SXSW) Interactive Festival

バーニー・サンダース上院議員

写真家:David Paul Morris /ブルームバーグ

  大統領選への2度目の出馬を検討しているサンダース議員は発表資料で、自身の案は国民の0.2%に相当する富裕層に適用されると説明。350万-1000万ドルの遺産への税率は45%で、10億ドル超の区分まで税率は漸増する。現行法では約1100万ドル以上の遺産のみが課税対象となっている。

  同議員案の概要によれば、米国の資産家588人の家族からの徴収額は最大2兆2000億ドルとなる見込み。588人の合計資産額は3兆ドルを超える。

原題:Sanders Proposes Estate Tax of Up to 77 Percent for Billionaires(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE