コンテンツにスキップする

メイ英政権の閣僚、労働党議員の取り込み図る-離脱案通過目指し

  • 閣僚らは労働党議員と協議、離脱後の環境保護強化などを議論
  • EUと再交渉後の合意案の議会通過を目指している
メイ英政権

メイ英政権

Photographer: Luke MacGregor/Bloomberg
メイ英政権
Photographer: Luke MacGregor/Bloomberg

メイ英政権の閣僚らは、野党労働党の議員を取り込み、メイ首相の欧州連合(EU)離脱案を議会通過させる試みに着手した。

  クラーク民間企業・エネルギー・産業戦略相ら英閣僚は、メイ首相の離脱合意案を支持するかどうか検討している労働党議員と会い、離脱後の雇用の権利拡大や環境保護強化に加え、国内貧困地域への資金増について話し合った。こうした地域の多くは労働党の地盤となっている。

  この会合に関与した労働党議員の1人は、EUからの資金の流れが離脱後も続くことを確実にするのが話し合いの主な趣旨だったと説明した。

  メイ首相の離脱合意案は1月15日に大差で否決された。同首相は今後、EUと再交渉して合意案を修正し、再び議会の採決にかける予定。メイ首相は昨年の数回の採決で、5人の労働党議員の支持を受けたが、過半数には達しなかった。保守党からは現在、少なくとも10人の造反者が見込まれるため、離脱案の可決にはより多くの労働党議員の取り込みが必要になる。

原題:May Sets Out to Win Labour Rebels’ Support Over Brexit Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE