コンテンツにスキップする

米ブラックストーン:10-12月は40%減益-株式相場急落が響く

  • 分配可能利益7.22億ドル-運用資産は4722億ドルに増加
  • 同社は主要利益指標を分配可能利益に切り替えた

オルタナティブ投資運用の最大手、米ブラックストーン・グループが1月31日に発表した昨年10-12月(第4四半期)決算は40%減益となった。株式相場の急落が運用成績に打撃を与えた。

  • ブラックストーンはKKRやカーライル・グループに続き、主要利益指標を経済純利益から分配可能利益に切り替えると発表していた。10-12月期決算から適用されたこの変更により、利益の変動性が低下するだろうと、JPMセキュリティーズのアナリスト、デビン・ライアン氏が指摘

Blackstone's Shifting Assets

The firm's real estate business rose to become its biggest at the end of last year

Source: company filings

Note: data is 4Q

  • 分配可能利益は7億2200万ドル(約790億円、1株当たり57セント)と、前年同期の12億ドル(同1ドル)から減少
  • 運用資産は4722億ドルと、前四半期の4567億ドルから増加

原題:Blackstone’s Profit Falls 40% as Market Drop Hurts Holdings (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE