コンテンツにスキップする

米マスターカード株が上昇、売上高見通しがアナリスト予想上回る

マスターカードの株価が1月31日の米市場で上昇した。昨年10-12月(第4四半期)の国外利用額が競合ビザに対し健闘したことに加え、新たな売上高予想がアナリストの予想を上回ったことが手掛かりとなった。

  同社では、2019年の調整後の売上高が「10%台前半」の伸びになると予想。一方、調整後の経費増加率は「1桁台後半の高い方」を見込むとした。19年から21年までについては、増収率が「10%台前半」、増益率が「10%台後半」と予想していると明らかにした。

  マスターカードはまた、昨年の国外での同社ネットワーク利用額が前年比18.9%増となり、17年の伸び(14.6%増)を上回ったと明らかにした。

  マスターカード株は31日、3.5%高で終了した。

Card company’s shares rise on revenue outlook

原題:Mastercard Jumps as Revenue Outlook Tops Analysts’ Estimates (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE