コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル指数が下げ埋める、米雇用統計の発表控え

更新日時
  • ユーロは軟調、1ユーロ=1.1450ドルを割り込む
  • 対米ドルでは豪ドル、NZドルの上げが目立つ-株高背景に

31日のニューヨーク外国為替市場ではドルが主要10通貨に対しまちまち。月末のドル売り圧力が和らぎ、ブルームバーグのドル指数は下げを埋めた。トレーダーの注目は、米連邦公開市場委員会(FOMC)から2月1日発表の米雇用統計に移った。

  ドル指数は一時の0.3%低下から切り返し、小幅高となった。ただ月間ベースでは1.3%下げ、1年ぶりの大幅下落。この日はユーロが1ユーロ=1.1450ドルを割るなど軟調。ドイツ経済の弱さが続いており、通年の成長率は12月に公表したばかりの予測を大幅に下回る見通しだと欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーが発言し、ユーロを圧迫した。

  ニューヨーク時間午後4時44分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%上昇。ドルは対円で0.1%下げて1ドル=108円90銭。ユーロはドルに対し0.3%安の1ユーロ=1.1447ドル。

  米中貿易に関してトランプ大統領は、自らが中国の国家主席と会談するまで最終的な決着はないとツイート。その後、3月1日までに合意が得られる可能性を示唆した。

  主要10通貨のうちドルに対しての上昇が目立ったのは、株高に連れて値上がりしたオーストラリア・ドルとニュージーランド・ドルだった。

  ドルは円に対し小幅下落。一時は108円50銭まで下げた。米金融当局の姿勢の変化は「ドルの軟調継続の前兆だ」と、TDのストラテジストらは指摘した。

欧州時間の取引

  ドル指数が4カ月ぶり低水準からやや持ち直し。イタリアのリセッション入りが明らかになった後、ユーロは上昇分を失った。株高を受けたリスク選好ムードの高まりで、オーストラリア・ドルなどの資源国通貨が買われた。
原題:Dollar Rebounds Ahead of Friday’s U.S. Jobs Data: Inside G-10(抜粋)
Dollar Climbs From 4-Month Low as Euro Erases Gain: Inside G-10

(第1段落を書き換え、4段落以降を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE