コンテンツにスキップする

ドイツ:1月失業者数、減少幅が市場予想下回る-弱さの兆しか

  • 失業者数は季節調整済みで2000人減、予想1万人減
  • 1月の失業率は5%、前月から横ばいだった

ドイツでは1月の失業者数の減少幅が市場予想を下回った。好調を続けていたドイツの雇用市場に弱さの兆しが見えた。

  ドイツ連邦雇用庁が31日発表した1月の失業者数は季節調整済みで2000人減の226万人。エコノミスト予想は1万人減だった。貿易を巡る不透明性や中国の減速に、企業が懸念を深めていることがうかがわれる。失業率は5%で、前月から横ばいだった。

  連邦雇用庁のシーレ長官は発表資料で、1月は伝統的に雇用市場が弱い月だとし、雇用は引き続き増えており求人需要は高いと指摘した。

原題:German Unemployment Falls Less Than Forecast as Economy Dithers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE