コンテンツにスキップする

英、離脱案受け入れ以外に道なしか-EU土壇場まで時間稼ぐと当局者

  • 離脱修正案の英議会での採決前にEUは譲歩するつもりなし
  • 離脱案修正や離脱延期には首脳会議開催が必要だが、EUは急がず

欧州連合(EU)は、メイ英首相が離脱合意案を巡り今後数週間のうちに行う要求に屈することなく、離脱が予定される3月29日の直前の21、22日に開くEU首脳会議という土壇場まで、対応を引き延ばす構えだ。複数の外交官が明らかにした。

  メイ首相は18カ月に及ぶ交渉の末に取り決めた離脱案の再交渉を求め、再びブリュッセルに向かう用意があるが、英議会が2月14日ごろに予定する離脱修正案の採決前にEUとして何らかの譲歩を行うつもりはないと外交官らは語った。EUはブリュッセルで30日開いた大使級会合で、「離脱協定案」の修正に応じないという入念に調整された既定路線を堅持することで一致した。

  離脱案の修正や離脱延期には臨時首脳会議の開催が必要になるが、EU側に招集を急ぐ考えはない。外交官らは、EUと英国の双方が行動せざるを得なくなると思われる時期として、離脱予定日のわずか7日前に開かれる定例首脳会議のタイミングを挙げる。外交官らによれば、英国が離脱案を受け入れるには、それ以外の選択肢がほぼなくなることが必要だとEUの一部要人は考えているという。

U.K. PM Theresa May Seeks EU Help To Unlock Parliament Impasse

メイ英首相とユンケル欧州委員長

写真家:Jasper Juinen / Bloomberg
relates to 英、離脱案受け入れ以外に道なしか-EU土壇場まで時間稼ぐと当局者

原題:EU Is Said Ready to Push U.K. Near Point of No-Return on Brexit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE