コンテンツにスキップする

バンカーが多過ぎる中国、0.001%の手数料を5社で分け合う

  • 約120行の投資銀行は多過ぎー「20社もあれば十分過ぎる」
  • 約680万円の手数料を大手投資銀行5行が分け合う
CHINA-ECONOMY
Photographer: GREG BAKER/AFP
CHINA-ECONOMY
Photographer: GREG BAKER/AFP

中国の投資銀行間の競争はあまりにも熾烈(しれつ)になったため、バンカーらはほとんど「ただ働き」を強いられている。

  最近には私募形式での株式発行のアレンジについて、0.001%の手数料を5行の銀行が分け合った例もあった。ブルームバーグのデータによれば、既公開株の募集のウォール街での通常の手数料率は5%強だ。中国では株式引き受けの手数料が昨年、半分になった。業界団体は「有害な競争」を防ぐ措置を呼び掛けた。

  証券業界の苦境は中国証券監督管理委員会(証監会)のトップに就任した易会満氏が直面する最大の課題の1つだ。相場下落と景気減速の中で約120行の投資銀行は多過ぎる。各社は報酬引き下げ、人員削減などで対応しているが、マッキンゼーのアソシエート・パートナーのデービッド・ユアンウェイ氏は長期的には統合が起こるだろうとみている。

  「3-5年後には大規模なフルサービスの証券会社が20社もあれば十分過ぎるほどだと思う」とし、「小規模プレーヤーは専門とするニッチ市場を見つけ、ブティック型の投資銀行にならなければ生き残れないだろう」と同氏は話した。

  290億元(約4710億円)の華夏銀行株の引き受けでは、中国の大手投資銀行5行が案件の規模の0.001%に当たる41万8948元(約680万円)を分け合った。

Few Winners

Five firms took the majority of ECM mandates in China last year

Source: Bloomberg

Shrinking Market

Equity deal volume in China fell by half last year

Source: Bloomberg

*Deals refer to initial share sales and private placements

原題:Too Many Investment Bankers in China Has Them Working for 0.001%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE