コンテンツにスキップする

トランプ大統領が米情報機関を批判-イランの脅威に弱腰で認識甘い

  • 情報機関トップらは上院委でトランプ氏の外交の成果を否定していた
  • 「学校に戻り」勉強し直せとトランプ大統領

トランプ米大統領は30日、米国の情報機関全体について、イランの脅威に「極めて弱腰で、認識が甘い」と非難した。この前日に大統領自身の国家安全保障チームのメンバーから、トランプ氏が自身の外交成果として主張するポイントを否定するような発言が出ていた。

  大統領はツイッター投稿で、イランはロケットを試験しており、同国による不安拡散を止められるのは経済崩壊しかないと指摘。米情報機関のトップらは「学校に戻り」勉強し直すべきだと述べた。

  同ツイートでトランプ氏は「情報機関の者たちは、イランの危険性のことになると極めて弱腰で認識が甘いようだ。彼らは間違っている!」とし、「私が大統領に就任した時、イランは中東全域とそれ以外の地域で問題を引き起こしていた」などと主張した。

  コーツ国家情報長官のほか、中央情報局(CIA)や国防情報局(DIA)、連邦捜査局(FBI)のトップらは29日、上院情報特別委員会の公聴会で、北朝鮮と過激派組織「イスラム国(IS)」が引き続き米国家安全保障上の重大な脅威だと言明。北朝鮮の非核化やシリアとイラクのIS掃討で大きく前進したとのトランプ大統領の主張を否定した形となった。

原題:Trump Blasts U.S. Spy Agencies as Passive, ‘Weak’ on Iran Threat(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE