コンテンツにスキップする
Photographer: John Taggart/Bloomberg

ヘッジファンド、金融危機直後のようにリスク回避-ストラテジスト

  • 株式ヘッジファンドのS&P500種へのエクスポージャーが低水準
  • S&P500種のプットオプション需要が相対的に低い
Turbulent Week For U.S. Stocks Breaks Win Streak
Photographer: John Taggart/Bloomberg

ヘッジファンドは1月の米株回復の波に乗ろうとはしていない。むしろ、2008年の金融危機直後の時期のようにリスクを避けているもようだと、マクロ・リスク・アドバイザーズが指摘する。

  株式デリバティブ(金融派生商品)ストラテジストのビネー・ビスワナタン氏によると、S&P500種株価指数に対するヘッジファンドのエクスポージャーを示唆する数字と、同指数のオプションの動向が、ファンドのリスク回避の度合いを示している。同氏は30日のリポートで、この状況が金融危機時代の環境を彷彿(ほうふつ)とさせると指摘した。

  同氏によれば、ヘッジファンドのリターンのうちS&P500種の動きが寄与する割合は13年以来の低水準。また、オプションのプット(売る権利)需要が相対的に低く、コール(買う権利)に対するプットの需要の強さを表すスキュー(ゆがみ)が低下した。

  ビスワナタン氏は「株式ヘッジファンドのS&P500種へのエクスポージャーはスキューとともに低下した」と分析。「ヘッジファンドの株式エクスポージャーの現水準は、14-18年の強気相場の時期よりも08-13年の市場環境に合致している」と記述した。

  

Hedge funds' beta to U.S. stocks lowest since 2013
relates to ヘッジファンド、金融危機直後のようにリスク回避-ストラテジスト

原題:Hedge Funds Are Behaving Like We Just Had a Financial Crisis(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE