コンテンツにスキップする

米ペイパル:10-12月売上高、市場予想に届かず-15年以来の下振れ

  • 10-12月売上高は13%増の42.3億ドル-予想平均42.4億ドル
  • 株価は年初来で10%高、アナリストの5分の4が投資判断「買い」

ペイパル・ホールディングスの2018年10-12月(第4四半期)の売上高はアナリスト予想を下回った。力強い伸びが続いていた同社について、ウォール街の予想はやや楽観的過ぎたようだ。

  10-12月期の売上高は前年同期比13%増の42億3000万ドル(約4600億円)。アナリストの予想平均は42億4000万ドルだった。実績が市場予想に届かなかったのはここ3年余りで初めて。調整後1株利益は69セントと、アナリスト予想平均の67セントを上回った。

  ペイパルは19年通期について、調整後1株利益は2.84-2.91ドル、増収率は16%以上との見通しを維持した。

  決算発表を控えた先週、ペイパルの株価は過去最高値を記録。30日の取引終了時点で年初から10%上げていた。同銘柄をカバーしているアナリストの5分の4が投資判断を「買い」としている。決算発表後の30日の時間外取引では一時5.6%安となった。

原題:PayPal Sales Miss Estimates for the First Time Since 2015 (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE